72年前のex J4EAの交友から先達の活躍をしのぶ [第1回]
 
 
 
 

Editor Shinzaburo Kawai ,JA1FUY

-
-
 
     
  いつのころか「モービルハム」編集部へ送られてきた小包の存在をしばらくの間、思い出すこともなく忘れていましたが、書庫の整理に取り掛かっているときに当時のままの小包を発見しました。

差出人は植田常夫さん、コールサインはJA5NG、香川県大川郡白鳥町とあり、包みを開くと一通の手紙と黒い表紙のアルバムが出てきました。

このアルバムは 植田さんの親類のex J4EA、岡本良雄(香川県引田町)さんが遺された一冊で、昭和 8年(1933年)J4EAを開局のシャックが冒頭に飾られており、当時交流していたオールドタイマーの活躍がモノクロ写真に鮮やかに焼き付けられていました。

アルバムには昭和になって再び開局し活躍された有名なOMたちの写真を見ることができて興味深いものがあります。 すでに故人になられた方も少なくありませんが、そうした方々を織り交ぜて
アマチュア無線の草創期に活躍されたオールドタイマーの様子を遺された写真から追ってみたいと思います。

植田さんの手紙から抜粋
私の親類が大昔、昭和10年頃、J4CW、J4EAで出ていました。その頃の各局の写真を108枚いただいているのですが、私には見飽きて必要ありませんので、もし皆さんに見ていただけるようでしたら寄贈いたします。de JA5NG

写真のコールはJ4EA、J4CB、J3DZ、J3CW、J3EK、J3EH、J2KJ、J7CG、J1EG、J2HJ、J2CD、J2HE、J2HZ、J1EA、J6CO、J4CT、J3EF、J3DO、J3DT、W6GPB、DE1178、J4CL、J3CX、J4CM、J4EM、J3DP、J3EN、J1DO、J2GX、J6CP、J2GW、J2KQ、WA6GAL、J3DE、W6FZY、K6CGK、J2KJ、J1FF、J2HZ、J4CI、J2CC、J4CJ、J3FI、J2KP、MX2B、鳥取工業学校施設、MX2A、J4CO、J4CP、J2IX、J2LW、K6CQV、XU5KT、K6AKP、EA3DY、K6CRU、J7CG、J5CM、VK3ERS、その他。
*色つきコールサインは今回ご紹介済み 

▼アルバムの冒頭はJ4EA 岡本良雄さん自身のシャックから始まっている。 (1933年撮影)

J4EA

昭和 8年 8月19日付南仏逓相より許可になりたる最初の発信機と音声増幅、変調、受信機なり

 
▼開局から2年後の昭和10年(1935年)JARLのQSOパーティにて1位に入賞した。

 
 
 
J4EA 昭和10年 1月3日、JARL主催QSOパーティに計らずも第一等賞を得た記念なり
 
     
 
昭和 8年(1933年)はどんな時代だったか?
 
■JARL初の公開実験、愛国無線通信隊、YL局誕生!
宮井宗一郎氏(J3DE)、家族とともに
昭和7年(1932年)4月1日、JARL初の公開実験が大阪市の白木屋百貨店8階でJ3CT 中村季雄氏、J3CS 山本信一氏により行われた。昭和8年(1934年)8月8日〜11日、愛国無線通信隊が第1回関東地域防空演習に32名参加。昭和 9年(1935年)近畿防空演習に25名参加。

昭和6年(1931年)宮井宗一郎氏(J3DEによって「QRA BOOK]が謄写版により発行、全部のハムおよび関係者に無料で配布され、昭和15年(1940年)まで毎年1回発行が続いた。 1935年(昭和10年)JARLがIARU(国際アマチュア無線連合)に加入。昭和8年(1933年)10月、杉田千代乃さん(当時26歳)がYL第1号として誕生(J1DN)。昭和9年(1934年)2月からJ2IXとして活躍、戦後カムバックしてJH1WKS。


昭和10年(1935年)10月20日、斯波邦夫氏(ex J1EG、J2HJ)がW3FAR、ZS1Hについで世界第3番目の28MHz WACを完成した。 (以上、JARL「アマチュア無線の歩み」p.103〜134より引用)
 
■兄の遺志を継いだJ2IX 杉田千代乃さん

左からJ2GW(半田成一郎氏)、K6CQV、J2IX(杉田千代乃さん)、K6CRU 注釈に「vy fb YL is J2IX」の書き込みがある

兄(杉田倭夫氏J1DN)の急死により、まわりの勧めでJ1DNを開局、昭和9年(1934年)J2IXで活躍された杉田千代乃さん。戦後はJH1WKSである
 
■YL局誕生に一役かったex J1DO矢木太郎さん(JH1WIX)

YL第1号の鈴木千代乃さん(旧姓・杉田)についてはあまりに有名である。ハムになる直接の動機は兄の急死、学生時代から熱心なハムだった兄の過ぎた倭夫さんは日本赤十字社に勤め始めて間もなく病死した。一家の悲嘆は大きかった。生前J1DNとして活躍していただけに、葬儀にハム仲間も参列した。喪があけ遺品の整理に取りかかった。棚の上には、好きで集めた送受信機が所狭しと並んでいた。誰かが名案を思いついた。

杉田千代乃さんに無線工学を教えたJ矢木太郎氏J2GX (ex J1DO)のシャック(1933年3月撮影)

「いっそのこと、妹さんにハムをやらせてみては・・・」
「それがいい、兄さんの遺志も継げるし、リグもそっくり役に立つ」
この提案が千代乃さんへ伝えられた。文化学院に通っていた彼女は、はじめしり込みした。
「兄の交信を見てきましたが、私なんかにはとても・・・」
「そこをなんとか、トンツーさえ覚えれば、あとは引き受けます」
乗りかかった船だ、ハム仲間もあきらめなかった。「お兄さんの遺志を・・・」という殺し文句に負け、千代乃さんは承諾した。 特訓が始まった。難物の無線工学をJ1DO矢木太郎さんが担当した。

「予想に反して、スラスラ頭に入ってくれた。彼女、根が勉強家ですね。インダクタンスをヨーフクダンスと間違えるようなことはなかったですよ」 念願の国家試験もなんなくパス、逓信省のいきなはからいでコールサインも兄のを引き継ぎ、昭和9年(1934年)10月16日、 J1DNで電波を出した。矢木さんとの初交信が終わると、「開局おめでとう」のシグナルがハム仲間から寄せられた。

「J1DNはYLらしい」という評判が間もなく海外に伝わり、アメリカのQSTにも紹介された。彼女は昭和12年(1937年)に鈴木雄二さん(後年の小田原市長)と結婚後もQSOを続け、ハンドルの「SUZY」は外国のハムに親しまれた。戦後の45年にJH1WKSでカムバック、もっぱらCWで活躍している。
(以上、「ハム半世紀」香山晃著 p.64〜p.66 電波実験社より抜粋)

(編注:鈴木千代乃さんは平成3年(1991年)5月20日、逝去されました。JJ1SIC、ex J1IX、JH1WKS)

 
[参考文献]

「アマチュア無線のあゆみ(日本アマチュア無線連盟 50年史)」、「アマチュア無線のあゆみV」JARL
「ハム半世紀」 香山晃著 電波実験社
 
de JA1FUY

QTC-JAPAN.COM 2005.4.13
(c) All Rights Reserved WWW.QTC-JAPAN.COM 2001-2005